logo

School of Healing Arts and Sciences

スーパーヴィジョンと個人技術指導

 

☆ サイトが新しくなります。これ以降の更新は新サイトで → lifeschool.org

 

 エネルギー療法やフラワーエッセンス療法がより広く社会に受け入れられていくためには、療法家/プラクティショナーの仕事の質、信頼性、客観性を向上させ、一定水準の仕事レベルと倫理を確立することが必要です。

 そのための努力の一環として、School of Healing Arts and Sciencesでは、グループおよび個人のスーパーヴィジョンを専門課程の学生と卒業生に提供しています。

 グループ・スーパーヴィジョンは、これらの分野で仕事をしていく上で、共有できる倫理と価値観に基づき仕事をする同僚とともに、自分の仕事内容を客観に見つめる機会になります。また仕事をしていく上で必要なサポートを受けとり与えるための場でもあります。

 このような場は、仕事としてエネルギー療法やフラワーエッセンス療法を行っていくにあたり、自分にとってもクライアントにとっても健全で透明性のある形で仕事を続けていくことを可能にします。

 仕事をしていく上での倫理や人間関係のバウンダリの問題、難しいクライアントとの取り組み、自分自身の健康・エネルギー管理や、仕事を確立していくための進め方、金銭に関するテーマなど、療法家/プラクティショナーが仕事をしていく上で突き当たる、さまざまな現実的問題についての建設的なサポートを提供します。

 スーパーヴィジョンを受ける前には、以下のテキストや、購読書籍ページの心理療法関連のテキストを通読してください。

・A・グッゲンビュール=クレイグ 『心理療法の光と影 -- 援助専門家の力』

・河合隼雄 『ユング心理学入門』 『無意識の世界』 『影の現象学』

 当日は、指導やアドバイスを受けたい事項についてのメモを準備してください(具体的にアドバイスを受けたいクライアントがある場合にはカルテやセッション記録も)。

 グループ・スーパーヴィジョンでとりあげられるすべてのケースについては、クライアントのプライヴァシー保護のため、参加者全員に守秘義務が課されます。

 個人スーパーヴィジョンでは、同様のサポートと指導を一対一の個人的な形で受けられます。個人とグループ形式のスーパーヴィジョンは、ヒーリングの集中研修に組み込まれる他、Skype経由でも行われています。

 専門課程の学生にはまた、Skype経由での個人技術指導も提供されています。とくに地方在住で通常の専門課程クラスに出ることが難しい場合などの追加授業として、また動物のエネルギー療法など、個人の仕事に特化した形で指導を受けたい場合にも使うことができます。

 School of Healing Arts and Sciencesの専門課程では、一人一人の個性、素養、能力、夢を大切にし、それらを最大限に生かす形で療法家/プラクティショナーとして活動できるよう、指導を行います。